不具合

2024/06/07 20:20 現在発生している不具合について【6/7 20:20更新】

[北斗の拳 LEGENDS ReVIVE]をご利用くださり、誠にありがとうございます。

 

■最終追記:2024年6月7日 20:20

現在確認している下記不具合の対応状況をお知らせいたします。
 
<調査中の不具合>
▼ギルドページにアクセスすると通信エラーが発生する。
⇒本不具合が発生した場合、お手数をお掛けいたしますが調査および改善対応のためお問い合わせをお願いいたします。
 
■お問い合わせ手順
ホーム画面>ユーザーデータ(左上の顔アイコン)>設定>お問い合わせ
【6/7 20:20更新】
 
▼「URジュウザ 背水の拳」「SRコウリュウ」のスキル効果で発生する自傷ダメージや
「URハン 享楽たる死闘」「UR三島平八」のパッシブスキルで発生する自身へのダメージで
「URトキ 静かなる闘気」の「起死回生」が発動する場合がある。
⇒今後のアップデートで自傷ダメージなど、自身へのダメージで「起死回生」が発動しないよう修正いたします。
※修正日程につきましてはあらためてお知らせいたします。
 
▼「ダメージ反射」によって、拳士の現在HPを上回るダメージを受け、受けたダメージが「闘神の守護」「予知」「魔闘気・改」の現在量以上の場合「闘神の守護」「予知」「魔闘気・改」が1残ってしまう場合がある。
 ※「予知」の場合は、付与されている「シールド」または「魔闘気」と現在HPの合計値を上回るダメージとなります。
 ※「闘神の守護」は「URラオウ 故国への誓い」が持つスキル効果です。
⇒こちらの不具合は今後のアップデートにて修正を予定しております。【2/27 19:30更新】
 
▼特定の条件下において、撃破した拳士が何度も復活しバトルが進行しない場合がある。
⇒こちらの不具合は現在調査を行っております。【12/23 17:00更新】
 
▼ストーリークエスト等において、特定の条件下で流 飛燕の必殺が発動すると、敵拳士が表示されない場合がある。
※練気闘座やユニオンバトル等では発生しません。
⇒こちらの不具合は今後のアップデートにて修正を予定しております。【11/1 10:10更新】
 
▼一部拳士のスキル効果に新たに追加される効果(行動後ダメージ)が以下の説明文に適用されていない。
 対象の効果説明文:
 ターン開始時ダメージや反射ダメージを除く、被ダメージ時に~
 
 追加される説明文:
 ターン開始時ダメージ、行動後ダメージや反射ダメージを除く被ダメージ時に~
⇒こちらの件は今後のアップデートにて修正を予定しております。【11/1 10:10更新】
 
<対応が完了した不具合>
▼アプリver5.8.0にて、ストーリークエスト等で非戦闘拳士が装備した
慈母玉の自身に付与する特殊効果が非戦闘拳士自身に適用されてしまう。
※すべての非戦闘拳士で発生いたします。
※練気闘座やユニオンバトル等では発生いたしません。
⇒次回のアプリバージョンアップにて修正予定です。【4/25 15:30更新】
 
▼究極闘神イベントで進行不能になる場合がある
究極闘神イベントにおいて、一部スキルの効果発動や演出が完了する前にスキップボタンを押下すると進行不能になる。
※バトル開始後、オートバトルボタンを押下し、拳士が行動を開始した後にスキップボタンを押していただきますと不具合を回避することができます。
※究極闘神以外にも練武闘神等のバトルで発生する場合がございます。
※本不具合のお詫びアイテムを後日お送りさせていただきます。
※5月末リリースのアプリver5.9.0で修正を予定しております。
 
ご利用の皆様には、ご迷惑をおかけいたしますこと深くお詫び申し上げます。
 
今後とも[北斗の拳 LEGENDS ReVIVE]をよろしくお願いいたします。